JANUSSEAL FOR OUTLOOK 機能

Janusseal ForOutlookで電⼦メールの誤送信や誤操作リスクを⼤幅に軽減︕

電子メールをデータ分類することで情報漏洩のリスクを軽減

Janusseal for Outlook(ジャヌスシール フォー アウトルック)は、ユーザーが送信する電子メールにセキュリティレベルに応じたデータ分類を簡単に割り当てることができます。情報の機密性に基づいて電子メールをわずか数秒で効率的に分類します。これにより人為的な紛失や誤操作のリスクを軽減できます。

  • 表示されるデータ分類ラベルによって、受信者に受け取ったメールの情報の機密性レベルを通知できる
  • 分類をメタデータラベルに埋め込むことで、セキュリティシステムにおける機密情報へのアクセスや配布が制御できる
  • マルチレベルの分類とシンプルな構成により、実用的で柔軟なソリューションを実現できる
  • 必須プロセスにより、機密情報が常に分類される

機密情報を自ら理解し、また、相手にも知らせることで電子メールの誤送信や誤操作のリスクを大幅に軽減します。

特長

情報セキュリティレベルのコントロール

企業にとってセキュリティレベルでのデータ分類は機密情報と一般情報を区別する最も簡単な方法です。
Janusseal for Outlookは、機密情報を分類するためのツールを利用者全員に提供することで、組織内の誰もが自分が作成した電子メールとドキュメントを簡単に分類できるようになります。これにより各自がセキュリティを配慮した文化を醸成し、組織全体としてコンプライアンスを向上させ、機密データが誤って処理されるリスクを軽減します。

クイックセットアップと導入

Janusseal for Outlook は Microsoft Outlook へのシンプルなアドインとして 、電子メールゲートウェイと簡単に統合でき、Microsoftグループポリシーを使用して導入できるスケーラブルなソリューションです。

直感的で使いやすい

ユーザーの運用は自身が作成するメールごとに、権限とクリアランスレベルに応じて、セキュリティ分類リストから分類ラベルを選択するだけです。

柔軟性と適用性

Janusseal for Outlookは分類をメタデータラベルに適用させる為、これを検知可能な他のセキュリティ製品(持ち出し制御など)との連携も可能となります。必要に応じてユーザーの気づきから具体的な制御までをソリューションとして活用できます。

機能詳細

Outlookから発信されるメールを強制分類

Janusseal for Outlook をインストールすれば Outlook クライアントから発信されるメールに機密性を示す保護マークをラベリングして、ポリシーを一元的に適用できます。このラベリングは、電子メールゲートウェイなどの電子メールシステムコンポーネントで、機密情報の流出をフィルタリングするために利用もできます。人が判読できるマーキングは受信者の意識を高めるので、機密情報を正確に取り扱いできます。

送信するメールは下記方法で分類可能です。

  • Outlook から直接送信
  • Office ドキュメントから[ ファイル ] > [ 送信 ]を使用
  • コンテキストメニューから[ 送る ] > [ メール受信者 ]を使用

メッセージの書き込み中にデータ分類を指定する機能

ユーザーは、Janusseal for Outlook の分類ツールバーを使用してメッセージの作成中にセキュリティレベルに応じたデータ分類を指定できます。もしメッセージが送信される前に分類が選択されていない場合は、分類の選択を強制するセキュリティ分類ダイアログが表示されます。※Outlook 2010、2013、および 2016 の分類ツールバーは、メッセージを作成中に表示されるフォーム領域を使用して実装されます。(次の機能の説明を参照してください)

分類ツールバーの作成機能は、ポリシーの設定によってオフにすることもできます。その場合、メッセージ作成後に[ Janusseal 分類の送信 ] ダイアログボックスを使用して [ 送信 ] ボタンをクリックした後、ユーザーでメッセージを分類できます。この方法を利用するケースは、メッセージ作成後の送信時にメッセージ全体のセキュリティ分類をユーザーが判断したい場合に多く利用されます。

OUTLOOK 2010、2013 および 2016 でのユーザーインターフェイスの改善

Janusseal for Outlook は導入環境でセキュリティ分類を簡単に理解できる運用の仕組みがあります。

  • Outlook のリボンバーから1回のクリックで、メッセージを作成しながらデータ分類を設定できます。
  • プレビューウィンドウまたは独自の読み取りダイアログでメッセージを表示したときに、受信したメッセージのデータ分類が目立つように表示されます。

Janusseal for Outlook には [ On Send Classification ] ダイアログが含まれているので、ユーザーが作成中にデータ分類を設定しなかった場合は、送信時に指定するよう求められます。

メッセージを読む際に、メッセージのデータ分類(セキュリティレベル)がプレビューページに表示されるため、受信者がメッセージのデータ分類を判断する時間を、大幅に節約できます。ユーザー自身がメッセージのデータ分類を目立つように表示する必要がなくなります。

分類表示とマーキング値の使い分け

データ分類の表示値とマーキング値で異なるテキストを使用できます。設定した分類(例:企業機密など)をユーザーに提示する一方で、別のテキストは電子メールゲートウェイなど、他のシステムと連携で使用するための保護マーキング(例:CONFIDENTIAL:COMPANY)として埋め込むことができます 。こうすることで、ユーザーは視覚的に機密性の受け入れを意識的に改善でき、他のシステムとの相互運用も簡素化することができます。

セキュリティ分類の表示は複数箇所に挿入が可能

Janusseal for Outlook で作成するメッセージには、データ分類ラベルを挿入する箇所を指定(選択)できます。※複数選択可

  • X-Protective-Marking ヘッダー
  • Subject line ヘッダー
  • Outlook ユーザープロパティーメタデータフィールド (Exchange ドメインの内部のみ)
  • メッセージフラグヘッダー
  • メッセージ本文の先頭
  • メッセージ本文の末尾

このデータ分類ラベルは必要に応じてカスタマイズすることができます。また、Janusseal for Outlookを導入していないメール受信者にも分類マーキングを表示できます。

データ分類ラベルの設定

Janusseal for Outlook は会社のルールに沿ったセキュリティレベルに応じたデータ分類ラベルをメールに挿入することを管理できます。例えば、CONFIDENTIAL メッセージは X-Protective-Marking ヘッダー、件名、本文の先頭に分類ラベルを挿入できますが、PERSONAL メッセージは X-Protective-Marking ヘッダーにのみ挿入するなど。

これにより、組織は必要に応じて分類ラベルをメールに埋め込み、表示できます。連携で利用する電子メールゲートウェイは、X-Protective-Marking ヘッダーを解釈できるため、アウトバウンド配信をフィルタリングもできます。

挿入されたデータ分類ラベル(保護マーキング)にトークンを使用

Outlook ユーザーに挿入されたテキストプロパティーマーキング、本文のボディマーキングまたはメッセージフラグに、メッセージのアクティブなデータ分類の属性を表すトークンを含めることができます。例えば、データ分類を人が判読できる分類、 COMPANY CONFIDENTIAL (企業機密)などの簡単な形式を表すために、%DISPLAY_VALUE% トークンを使用したり、CONFIDENTIAL (秘)と表すために %SENSITIVITY.DISPLAY_VALUE% トークンを使用することができます。これらのトークンは、メッセージに挿入されるテキストの柔軟性を拡張します。
すなわち、下記メールの受信者がメールのフラグ領域で送信者によって選択されたデータ分類を表示するように、各メールのメッセージフラグに挿入できます。

Security Classification: %DISPLAY_VALUE%

Janusseal for Outlook 設定では、以下のようなメッセージフラグにテキストを追加できます。

  • シンプルにメッセージのデータ分類の表示文字列に基づいている
  • 組織のスキーマで定義された各データ分類に合わせて調整できる任意のテキストを含めることができる

メッセージの本文にデータ分類ラベル(保護マーキング)とテキストを追加

Janusseal for Outlook は、受信者に提示と解釈ができるよう、電子メールメッセージ本文の先頭や末尾に任意のテキストを追加する機能があります。

本文のマーキングに挿入されたテキストは、コンテンツと書式の両方で分類ごとにカスタマイズできます。例えば、非公式/個人的なメッセージには、以下のようにテキストを含む小さな灰色イタリック体のフォントを使用した免責事項を挿入することなどもできます。

このメッセージは本質的に個人的なものです。どのような形であれ、組織の見解や方針を反映するものではありません。

一方、機密メッセージには、次のような免責事項のテキストを赤色の大きなフォントで挿入できます。

このメッセージで提供されるこの情報は、機密情報であり、厳密に取り扱う必要がある基準で提供されています。

メッセージのプリントアウトのヘッダーとフッターに保護マーキングを挿入

Janusseal for Outlook は、印刷のヘッダーとフッターに表示するデータ分類情報を含む電子メールメッセージを印刷するように設定できます。

MICROSOFT OFFICE とデータ分類されたファイルの添付ファイルのスキャン

Janusseal for Outlook は、保護マーキングされた Office ドキュメントのデータ分類と、そのデータ分類のマークが付けられたその他のファイルを判断できます。

詳細については Janusseal Documents を参照してください。

返信または転送時の分類の許可、警告またはダウングレードの防止

ユーザーが分類したメッセージの返信または転送に対して、Janusseal for Outlook で次のことができます。

  • ユーザーが利用できる分類のいずれかを選択できるようにする
  • 使用可能な分類をユーザーが選択できるようにして、元のメッセージよりも低いセキュリティレベルの分類を設定した場合は警告を表示する
  • 元のメッセージと比較して同じ機密性またはより高い機密性を有する分類のみをユーザーが選択できるようにする

Janusseal for Outlook は、ユーザーに次のような警告を表示します。

MSI としてパッケージ

Janusseal for Outlook は、すぐに導入できる Microsoft Installer(MSI)パッケージとして提供しています。Active Directory、グループポリシー、System Center Configuration Manager(SCCM)などの標準ツールを使用してサイレントモードで展開できます。また、評価のためにデスクトップに直接インストールもできます。

グループポリシーを使用した構成

Janusseal for Outlook にはグループポリシー管理テンプレート(ADM)ファイルが用意されており、グループポリシーエディタを使用して設定をインポートできます。構成は、さまざまなマシンやユーザーグループに対して簡単にカスタマイズできます。

JANUSSEAL FOR OUTLOOK 価格

年間ライセンス ※1 ※2 ※3

製品型番 製品名 標準価格
RJSO3SY-249 Janusseal for Outlook-subscription licence 50-249 1year 2,800
RJSO3SY-999 Janusseal for Outlook-subscription licence 250-999 1year  2,300
RJSO3SY-4999 Janusseal for Outlook-subscription licence 1000-4999 1year 1,900
RJSO3SY-10000 Janusseal for Outlook-subscription licence 5000-10000 1year 1,400

月間ライセンス ※3 ※4

製品型番 製品名 標準価格
RJSO3SM-249 Janusseal for Outlook-subscription licence 50-249 1month 234
RJSO3SM-999 Janusseal for Outlook-subscription licence 250-999 1month 192
RJSO3SM-4999 Janusseal for Outlook-subscription licence 1000-4999 1month 159
RJSO3SM-10000 Janusseal for Outlook-subscription licence 5000-10000 1month 117
  1. サブスクリプションライセンスの使用期限は、弊社にて手配が完了した時点からカウントされます。
  2. 1ユーザーあたりの価格となります。新規購入時は50ユーザー以上から購入が必要となります。
  3. サブスクリプションライセンスには、ライセンス利用権・サポートサービス・バージョンアップ権が含まれます。
  4. 月間ライセンスは追加購入の際に利用可能なライセンスです。新規購入および更新は年間ライセンスとなります。
  1. 全ての価格には消費税が含まれておりません。
  2. 価格は予告無く変更することがございますので、予めご了承願います。
  3. 契約期間中の途中解約であっても返金は致しかねます。
  4. 契約期間中にユーザー数が実際の購入数を下回った場合でも返金は致しかねます。

サポートサービスは下記内容をご提供いたします。

メールによるサポート対応(初回受付はWebの問い合わせフォームより入力)

サポート営業時間

祝祭日と弊社指定日を除く、月曜日~金曜日10:00~17:00(12:00~13:00)を除く。
受付は24時間行っておりますが、時間外に受けたお問い合わせは翌営業日以降の対応となります。